HOME労働安全衛生・緊急対策おはよう運動+SOS子供守り隊>>災害復旧協力体制就学体験の受入
       快適職場づくり「名刺に点字を入れる」小さな副詞運動




日々、絶対無事故・無災害であるため、労働安全衛生、リスクアセスメントの講習を受け実施しています。

万一、工事現場内や近隣で人命に関わる問題が起きたときのため、携帯できるAEDを所有し、救命訓練を受けています。


万一、工事現場内や近隣で人命に関わる問題が起きたときのため、携帯できるAEDを所有し、救命訓練を受けています。
[ページTOP]

(おはよう運動)
弊社では、平成16年度より工事近隣の小学校を訪れ、「おはよう運動」を実施し、学校児童・教職員・地域の方々との交流を広げております。

(SOS子供守り隊)
おはよう運動と共に、子供達を事故や事件から守るため、工事車両に「子供守り隊SOS安全パトロールステッカー」を取付、工事車両や一般車両への交通安全を呼びかけると同時に、不審者の通報を社員に義務づけております。





(子供守り隊)
運搬工事に伴い、近隣小学校の児童誘導を毎朝実施しました。
[ページTOP]



平成28年度の台風10号は、8月30日〜31日にかけて本道を記録的な豪雨(300o以上)が襲いました。 被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。 当社も早くから緊急災害対策本部を本社に設置し、各発注官庁及び市町村の緊急要請等へ迅速に対応しました。 帯広市戸蔦橋の橋台保護盛土緊急復旧、中札内村中札内橋の昼夜にわたる緊急通行止め対策、芽室町上美生川 町道路肩崩壊箇所の安全対策など 多方面に緊急出動を実施しました。



平成28年9月、帯広川緊急維持工事 河川氾濫箇所を仮築堤及び土嚢で塞ぐ緊急対応を実施。



平成28年10月、戸蔦地区の仮橋撤去 大雨により被災した仮橋撤去要請を受け、仮橋を大型クレーンで撤去し 道路の通行を可能にしました。

当社は災害時における災害復旧要請により、早急にパトロール並びに復旧工事に出動できる体制を昼夜とっております。

平成15年度の台風10号は、8月9日に本道へ上陸し記録的な大雨をもたらしました。自然災害時には、現地周辺のパトーロール及び畑や住居等の冠水・河川の氾濫から地域を守るために昼夜監視体制をとり、災害復旧を行いました。

平成15年9月26日午前4時50分 M8.0 震度5〜6の強い地震が十勝を襲いました。道路、橋、堤防、家屋その他多くのライフラインに大きな被害を受け、自然の力に震えました。我々建設産業は、いち早く対策室を設け、復旧に向け昼夜を問わず復旧に努めました。平成15年9月26日午前4時50分 M8.0 震度5〜6の強い地震が十勝を襲いました。道路、橋、堤防、家屋その他多くのライフラインに大きな被害を受け、自然の力に震えました。我々建設産業は、いち早く対策室を設け、復旧に向け昼夜を問わず復旧に努めました。



平成27年5月18日
強風で木が川をふさぐように倒れ河道閉塞の危険を防ぐため緊急出動し処理した。
[ページTOP]

(インターシップ)
毎年地元の工業高等学校より就業体験の生徒を受け入れて、建設産業や公共工事の意義や役割を、現場を実際に体験して貰い学んでいただいております。(インターシップ)
毎年地元の工業高等学校より就業体験の生徒を受け入れて、建設産業や公共工事の意義や役割を、現場を実際に体験して貰い学んでいただいております。

[ページTOP]





職場の環境について現状を把握し、職員の意見・要望等を聴取し、快適な職場づくりを目指しております。
その快適職場推進計画に対し、労働局長から認定を受けました。
[ページTOP]

この活動は「一人でも多くの方達が名刺に点字を入れて下さり、晴眼者同士で点字の入った名詞を交換するようになったら・・・、きっと素敵な社会になる」そんな思いから始めた活動です。

北海点字図書館 「名刺に点字を入れる」小さな福祉活動
URL http://www.hokuten.com/frame.htm
[ページTOP]


Copyright (C) 2008 TOKUI Construction Company All Rights Reserved.